須崎で一番高い山
蟠蛇森(ばんだがもり)

須崎市の北境にそびえる標高769mの市内で一番高い山で、周辺は県立自然公園に指定されています。展望台からは、北に石鎚山を主峰とする四国山地、眼下には須崎湾と横浪三里の雄大な景色を眺めることができます。四季折々の草花があり、つつじ(4月中旬~5月下旬)、春りんどう(4月下旬~6月上旬)、秋りんどう(10月下旬~11月中旬)が楽しめます。ふもとには弘法大師が伝えたとされる温泉もあります。