冬の終わりを告げる桜
雪割り桜

蟠蛇森のほぼ中腹には、濃い桃色の美しい花をつけることで有名な「雪割り桜」が咲きます。正式名称は「ツバキカンザクラ」(椿寒桜)。この桜は、2月中旬から3月中旬頃のまだ雪の残る寒い時期に咲く大変珍しい桜で、桑田山地区全体には1,000本近くあります。シーズン中は毎年、市内外から多くの見物客が訪れます。