8・9月に来たなら必ず食うべし!
須崎のメジカ(新子)

ソウダガツオ(宗太鰹)の事を須崎近辺ではメジカと呼び、特に生後一年未満の幼魚のことを「新子」と呼びます。鮮度が落ちやすいメジカ(新子)を刺身で食す文化があるのは、全国的にも珍しく、醤油に酢みかん(ブシュカン:正式名称は餅柚[もちゆ])をしぼりそこに浸して食べます。しっかりとした歯ごたえは絶品の美味しさで、8月から9月までの2ヶ月間ほどの短い時期に、メジカの刺身を食べるのが、須崎の夏の風物詩となっています。

取り扱い店舗